「ワンロボット・
マルチユース
」を実現する「ugo Platform」

ugoの役割は現場ごとに異なります。
また、ひとつの現場においても多くの役割が求められます。

それに対応するのが、「ワンロボット・マルチユース」という
コンセプト。「ugo Platform」はそのコンセプトの実現を強力にサポートします
ugo Platformを介してクラウド越しに様々なアプリケーションをugoに実装することが可能になり、ugoの役割をタイムリーにアップデートします。

直感的に操縦ができて、
自動化も簡単に構築可能

ugo Platformを介してアバターロボットugoを操作したり、自動化の設定を行うことができます。

直感的に操作しやすいUIにより、クイックに業務に組み込むことが可能です。すでに、ugoが働く現場では、多くの利用者が短期間のトレーニングで実業務を行えています。自動化もノンコードで構築できるため、現場でのフレキシブルな運用が可能です。

ソリューション構築
必要なフレームワークを提供

ugoが働く現場のニーズは日々変化していきます。また、ニーズの多様性も広がってきています。そんな中、ugoを各種システムと有機的に連携させたい場面も多くあります。

ugo Platformはそれらを速やかに実行できるフレームワークを提供します。
また、自社製・他社製を問わず、複数台のロボットの統合管理機能も有しているため、様々なソリューションの構築が可能です。

ugoを用いたデジタル
ツインコンピューティング

デジタルツインコンピューティング、サイバーフィジカル
モデルなどビジネスのDX化において必要な要素も、ugoを用いることで、速やかに構築することが可能になります。

ugoは、その本体に高度なセンシング能力と通信能力を有しています。これらを使い、既存の施設や設備を改修することなく、フィジカル世界のデータをデジタル世界に取り込んでモニタリングすることが可能になります。

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial