ugo × Sharepo™による、検針作業オートメーション化実証実験を実施2020年3月9日 10時00分ugo株式会社

2020年3月9日

報道関係者各位

東芝インフラシステムズ株式会社
Mira Robotics株式会社

社会インフラ開発事業を行う東芝インフラシステムズ株式会社(本社:川崎市幸区、代表取締役社長:今野 貴之)は、アバターロボットの開発を手掛けるMira Robotics株式会社(本社:川崎市高津区、代表取締役CEO:松井 健)と検針作業のオートメーション化について実証実験を実施いたしました。

ビルメンテナンス業界では人手不足によるサービス品質の低下を防ぐため、現在様々な効率化の取り組みが進められています。東芝インフラシステムズが提供する「Sharepo」とMira Roboticsが開発する”ugo”はどちらも人とテクノロジーの融合による効率化を目指していることから、検針作業のオートメーション化に向けた実証実験を共同で実施いたしました。

実証実験の内容と目的

従来作業員が行っていた「Sharepo」の「メーター読取支援サービス」における検針作業を”ugo”により実施。”ugo”では、該当施設の施設内地図を事前に生成し検針箇所までの自律移動と、”ugo”のハンドに搭載されたカメラを制御し検針対象のメーターを自動で撮影、「Sharepo」機能と連携することで、検針作業のオートメーション化を実現、次の効果を検証しました。

・現場作業員の省人化
・ヒューマンエラーによる確認・修正作業の低減
・検針作業の頻度向上

今後の展望

より効率化・高度化した施設の設備保全サービス提供に向け、今回の実証実験で得られた課題から改善ポイントと効果を検証し、また実験結果を市場に公開してその反応も見ながら引き続き実証実験を行っていく予定です。

整備点検支援クラウドサービス「Sharepo(シェアレポ)」とは

「Sharepo(シェアレポ)」はクラウドで現場と管理事務所をつなぎ、整備点検の効率化を支援するサービスです。その機能の一つである「メーター読取支援サービス」はメーターをタブレットで撮影するだけで検針データの読取と電子化が可能。煩雑な検針作業の効率化を支援します。

次世代型アバターロボット「ugo(ユーゴー)」とは

“ugo”は2本のアームと高さ調整により遠隔で様々な業務を行うことができるアバターロボット。AIによる学習機能で同じ稼働条件下であれば自動モードも可能。従来の単純なアバターロボットと完全自動化ロボット双方の利点を併せ持つ次世代型ハイブリッドアバターロボットです。

東芝インフラシステムズ株式会社 会社概要

所在地 : 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34
設立  : 2017年
代表者 : 代表取締役社長 今野 貴之
URL  : https://www.toshiba.co.jp/infrastructure/index_j.htm
事業内容: 社会インフラ事業関連の製品・システムの開発・製造・販売・サービス

Mira Robotics株式会社 会社概要

多様化する生活スタイルに合わせたロボティクスサービスとして、アバターロボット、ロボットインテリジェンス、クラウド連携プラットフォームを開発・提供しています。メンバーは、エンベデッド・エンジニア、コンピュータビジョン・エンジニア、機構/意匠デザイナ、電気エンジニア、ロボットAI研究者(理学博士)で構成され、”SCALE OUT HUMAN POSSIBILITY”をミッションに、独自のテクノロジーを追求しています。

所在地 : 神奈川県川崎市高津区坂戸3丁目2番1号
設立  : 2018年
代表者 : 代表取締役CEO 松井 健
URL  : https://mirarobotics.io/
事業内容: 家庭用ロボット、業務用ロボットの企画、開発及び販売、ロボット・サービスの構築及び運営等