ugo®がNTTドコモ 5G パートナーソリューションに採用 アバターロボット「ugo」から新モデルを発表2020年11月5日 11時00分ugo株式会社

2020年11月5日

報道関係者各位

Mira Robotics株式会社

 アバターロボットの開発を手掛けるMira Robotics株式会社(本社:神奈川県川崎市高津区、代表取締役CEO:松井 健)は、次世代型アバターロボットugo(ユーゴー)が株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘)の5Gパ―トナーソリューションに採用されました。また、これを受けさらなる事業拡張を進めるために、新モデル、「ugo Stand(ユーゴー スタンド)」と「ugo R(ユーゴー アール)」を発表いたします。

 また、従来のugoは「ugo Pro(ユーゴー プロ)」と名称を変更し、ugo Stand、ugo Rとともにugoシリーズは3モデルで展開していきます。なお、この3モデルは、大成株式会社が展開する、次世代DX警備ソリューション向けモデルでも採用予定です。

高機能モデルのugoで実証実験を行った結果、機能を絞ったモデルが警備業務の中で運用できることがわかり、また機能を絞ることで低価格で提供ができ、導入コストが抑えられ、事業拡張につながると考えております。

ugo製品Webサイト : https://ugo.plus/

ugo Stand、ugo R、ugo Proとは

 ugo Stand(ユーゴー スタンド)は、フロア移動が必要のない場所にリーズナブルな価格で導入できる、エントリーモデル。空間に溶け込むインテリアのようなデザインが特徴。

ugo R(ユーゴー アール)は、アームを使った軽作業やフロア移動が可能なugo標準モデル。エレベーター搭乗も可能。

ugo Pro(ユーゴー プロ)は、約2mの高さから、床面近くまでの高さ調整可能なアームで広範囲な作業エリアをカバーする高機能モデル。

次世代型アバターロボット「ugo(ユーゴー)」とは

 ugoは、2本のアームと高さ調整により遠隔で様々な業務を行うことができるアバターロボット。AIによる学習機能で同じ稼働条件下であれば自動モードも可能。従来の単純なアバターロボットと完全自動化ロボット双方の利点を併せ持つ次世代型ハイブリッドアバターロボットです。

本サービスに関するエンドースメント(株式会社NTTドコモ様)

ugoは、「docomo 5G DX AWARDS 2020」の最終選考会に選出されたであり、この度ドコモから提供開始できることを大変嬉しく思います。大成株式会社との協力により人とロボットの分業モデルを確立した警備ソリューションとして、警備分野における慢性的な人手不足や警備員の高齢化といった業界課題の解決に貢献できると考えています。

株式会社NTTドコモ 執行役員 5G・IoTビジネス部長 坪谷 寿一

* 「docomo 5G DX AWARDS」は、株式会社NTTドコモの商標です。

Mira Robotics株式会社 会社概要

所在地 : 神奈川県川崎市高津区坂戸3丁目2番1号
設 立 : 2018年
代 表 : 代表取締役CEO 松井 健
URL  : https://mirarobotics.io/
事業内容: 家庭用ロボット、業務用ロボットの企画、開発及び販売、ロボット・サービスの構築及び運営等

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial